2017年02月09日

ドローバー

Image35591.jpg
オルガンの音作りの解説をしてきました

今回のレッスンでは、ドローバーの仕組みとレスリースピーカーの仕組みを解説

ヴィンテージ機材が取り沙汰されそうな内容ですが、
今回のレッスンでは、現代のシンセとシュミレーターを使いました。

写真にはありませんが、レスリーシュミレーターの、ノイズの少なさと再現性に脱帽・・・
自分も導入しようか本気で悩む帰り道です(笑)
posted by しおばら at 22:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Lesson Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック