2018年04月01日

image1.jpeg
新年度がはじまりました

厚木で、コンサートのお手伝いに来ています
気に入ってよく使っていた懐かしいミキサーが、今日の私の相棒です
さてさて、リハーサル開始!
posted by しおばら at 10:44| 東京 ☀| Comment(0) | Mo-blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

作品発表会

image1.jpeg
今日は、高田馬場で所属教室の作品発表会会場に来てます。
年一度の「お祭り」、私は舞台機材サポートを担当してます

もうすぐリハーサル開始!
posted by しおばら at 10:23| 東京 ☁| Comment(0) | Mo-blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

レッスン先にて

image1.jpeg
本年もどうぞよろしくお願いいたします

2018年のレッスン対応をすでに開始しています

今日はcubaseの初期設定と初級レクチャーに東十条に来ました

ひとまず、雪の影響無く移動できて、
今日は特に、お約束の時間通りに到着できてホッとしています
posted by しおばら at 22:01| 東京 ☁| Comment(0) | Lesson Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

Syntronik(1)

image1.jpeg
先日あったBlackFridayのセールにあわせて
気になっていた、IK Multimedia社の「Syntronik」という
ソフトウェアシンセを購入しました
http://www.ikmultimedia.com/products/syntronik/

愛機SY-99(入手してから20年以上経つのか…)を
本来であれば、いつでも使えるようにしておきたいが
部屋が狭く電子ピアノが手一杯のスペースが無かったのと
デモ〜Free版を使ってみて、割とよかったのがキッカケでした

各所でレビューがあったり、
クリエイターの友人らの情報を参考にさせていただきました

インストールと使用の感想に分けて、久々に記事にしたいと思います



●英語は、できないよりはできたほうがいい・・・

はじめに、今回購入したのは、初回限定のパッケージ版〜
USBメモリ〜ドライブの同梱版です

パッケージ版が発売される前に、先行してダウンロード版が入手できました
発売直後にも関わらず価格も安かったのですが、
費用面のデメリットも目をつぶれるほど、今回はUSB版にして正解だった…


×××
50GB近いライブラリーデータをインターネットからダウンロードしないといけない

昨今の事情として、インターネット接続環境がないと、
製品登録やアクティベーションができないのは仕方ないとはいえ
50GBものデータはダウンロードにはとんでもなく時間がかかる
私は、3日ぐらいに分けてダウンロードしました
※自宅のネット環境は、モデムから無線LANにしており、有線では接続していません
 近隣のWi-FiのAPもたくさん見えているような場所なので
 無線通信状態がいいとも言えないため、敢えて分割してDLしました

×××
ライブラリーデータは、アクティベーション後180日間しかダウンロードできない

これも致命的にキツい!
初心者には本当に敷居が高いと感じる…
しかも、取扱説明書やFAQサイトには
「早めにダウンロードを済ませてDVD-R等にバックアップすることを強くお勧め」と
すべてのライブラリをDVD-Rに焼くのに、1枚2枚じゃ足りないわけだし…
バックアップ用の外付HDDに、データをコピーしておこうと思います

×××
ユーザー名を、ひらがなや日本語にしていると、インストールできない場合がある

これは致し方ないかな、そして強く文句も言えないかな…
海外の英語が基本のソフトだし
幸い、私の環境はこういったことも見越してユーザー名は半角英数にしてありますが
ユーザー名に日本語を使わないのはもはや常識なんでしょうか
結構、知らずに日本語のユーザー名にしてしまってる人は多いのでは?!

×××
インストーラーは、Cドライブへのインストールが標準になっている

SSDが一般化する以前の、500GB〜1TBのHDDをCドライブに使用している環境であれば
そこまで気になるようなものではなく、
ソフトの仕様で、別のドライブへのライブラリーデータの移動もOKとなっているので
パッと見は問題が無いようにもみえます
しかし、SSDが普及してきた昨今、Cドライブが128GB〜256GB程度しかない環境にはこれは痛い!
誰しもが、SSDで1TB以上の環境を持っているとも限らない
自作で安価に組めるWindowsと違って、Macユーザーさんには特にキツいんじゃないかな

>参考パス
C:\ユーザー\パブリック\パブリックのドキュメント\IK Multimedia\SampleTank 3



ダウンロード版は、ライブラリーデータが、各シンセごとに分かれており
別々にダウンロードしてインストールを行います
Cドライブにライブラリーが入れられる程の空き容量が無い場合、ではどうするか?

Cドライブへのインストールをまず行い、容量が無くなったところで
ライブラリーデータを別のドライブに移動する、
これを何回か繰り返さなければならない
しかも、フォルダ構造が指定されており、
ライブラリーデータにはエフェクトやマルチの設定もあり
フォルダの階層が若干複雑・・・


USB版であれば、ライブラリーのインストール時に、
いきなり別のドライブを指定できるようになっていたので
これら2つの心配がサクっと消え、またインストール自体も
おおよそ30分もあれば終わってしまいました
※CドライブはSSDにしており、残容量が心もとないため、
 Syntronikのインストールは別の内蔵HDDに行いました
 インストール先をDドライブとした場合、直下にIK Multimediaのフォルダを作り

 D:\IK Multimedia\SampleTank 3

 にインストールを行いました
 そのうえで、スタンドアロンのほうも、VSTのほうも、
 ライブラリのパスをCドライブからDドライブのものに設定変更すればOK


同梱されてるマニュアルは、すべて英語表記で
中学英語レベルの読解力と、単語から推察できるキーワードを拾えれば
インストールや設定に困ることはなさそう
かくいう自分がそうでしたし(笑)

ライブラリを一つ一つインストールし、別ドライブに移動という作業を
繰り返していたのですが、いつしか面倒になり、
USBディスク内のデータを注意深く見ていたら、ライブラリーのインストーラを
見つけてしまったという経緯で、ライブラリーを数日かけてダウンロード
しなくても、USBディスクから直接インストールすればよかったんだと
あとから気づく始末
パッケージ内に、簡単なメモでもいいからそういった補足があれば良いのに…

一応、日本語のサイト〜facebookページでサポートの展開はあるようですが
いささか情報が不足しているなと感じざるを得ません
というのも、USB版とダウンロード版の違い、インストール手順の違いについて
情報が見当たらなかったので
もしかすると、私の調べ方に問題があるのかもしれませんが・・・

ですので、この記事を参考に、Syntronikでお困りの方のお役に立てればと思います


使用感については、また次回
posted by しおばら at 16:51| 東京 ☁| Comment(0) | Mo-blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

12/2ライブします

image1.jpeg
リーダーバンドでライブします
今年はこれで最後ですかね

2017/12/2土曜
浅草GOLD SOUNDS
http://asakusa-gold.com/

開場 17:30
開演 18:00

我々、SHIO SHIO CLUBのスタートは
18:45を予定しています

お時間許すようでしたら是非遊びに来てください♪

今回は特別に、シンセソロのコーナーをやらせていただけることになりました
夏のセミナー以来、とても楽しみです

ついにこれを背負って行きます
見た目や色もgoodですが、奏でてくれるsoundも素晴らしいです♪
posted by しおばら at 17:12| 東京 ☁| Comment(0) | Mo-blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする